足の臭い対策は結局は靴を管理することが重要です

足の臭いには気を使います。特に商談の時に座敷を使ったり、女性が参加する会社の飲み会で座敷の場合に気を使います。
そんな場所を選んだ人間にも腹が立ちますが、なかなかシーズンによっては会場の確保が難しいことは理解しています。
だいたい強烈な足の臭いは、靴が密閉されて蒸れることにより発生します。
ですからブーツなどの深い靴は特に要注意です。
その様な靴はずっと履き続けると、足に大量の汗が発生して、靴の中でどんどん群れて悪臭が足にこびりついてしまします。
今はなかに悪臭を吸収したり汗を吸収するシートもありますから、その様なアイテムを使うことも効果はあります。
ただ、注意しなければならないことは、靴の管理です。
外出先から帰って、靴をすぐ収納棚に仕舞う人を見かけますが、それはやってはいけません。
今までに履いていた靴は足から出た大量の汗が染み混んでいます。
まず乾燥させなければいけません。
それなのに、多くの靴が収納されている棚に入れて外気を遮断してしまっては、靴から汗が乾燥して出ていくことを妨げるばかりか
他の靴にも、その悪臭が付着する可能性があります。
直射日光に靴をあてれば紫外線で靴が劣化してしまうので、それは絶対やってはいけませんが、玄関にしばらく履いて来た靴を
そのまま置いて半日以上自然乾燥させてから収納棚に戻すことが重要です。
できればその間に靴の中に除湿剤をを入れておけば効果的です。
足の臭いは、いくら足を洗って臭いを除去しても、肝心の靴の管理ができていなければ意味がありません。

足の臭いを解消したい方必見!

足の臭い対策は結局は靴を管理することが重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です